YouTubeTwitterFacebookFacebook

ベトナムの飼料袋をリメイク

ポップでカラフルなグラフィック、現地の言葉のプリントが特徴的なポリプロピレン製の飼料袋。
この飼料袋をベトナムから取り寄せ、日本のクリエイターが1つ1つ丁寧に手作りしています。
tuan(トゥン)とはベトナムの男の子でよくある名前です。
親しみを込めてtuan tuanと名付けました。
どうぞ可愛がってください。

material

ザラついた質感、織目が荒く、少し乱雑なプリント。現地では飼料袋なのでガサっと大胆に使われています。
重量のあるエサを入れる袋なので、とても軽くて丈夫です。
印刷のちょっとしたズレが動物の表情を変えたり、擦れやちょっとしたダメージがビンテージ感を表現していたりと、
同じ柄のプリントでも1つ1つ違う魅力が詰まっています。
この素材感をとても大事にしています。やはりラミネート加工しているものと比べると擦れで印刷が落ちやすいです。
しかし、自分仕様に育っていく革のバッグのように、この素材も使用していくうちに馴染んでいきます。
その味わいをお楽しみ下さい。

making

飼料袋は新品なものと使われたものがあるので、袋の洗浄が欠かせません。シワが多いものにはアイロンがけをします。
そして袋の大きさや文字のレイアウト、色味やキャラクターがどのアイテムに適しているかを考え、大きいアイテムから作っていきます。
小さいパーツになっても内ポケットやsmart phone pocket、broochにまで活かせるように、切り位置を決めます。
同じ柄でも印刷のゆがみなどがあるので、1つ1つ丁寧にハサミ裁ちをしなければなりません。
ステッチの細部にまで気を配り、袋の色とは反対色にしてカラフルにしているのもポイントの1つです。

history

2013.05 ・dクリエイターズ代官山ギャラリー (代官山TSUTAYA GARDEN GALLERY) 展示販売
2013.07 ・dクリエイターズ TOKYO DESIGNERS WEEK賞 受賞
・ハンドクラフトフェス 六本木ヒルズカフェ 展示販売
・Hand Mede In Japan Fes 2013 (東京ビッグサイト) 出展
・stores.jpストア 渋谷ヒカリエ 展示販売
2013.12 ・第20回あ〜てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫 展示販売
2014.01 ・東京都美術館SHOP 展示販売
2014.02 ・PARCO渋谷店 [MEETSCALストア]販売開始
2014.03 ・PARCO福岡店 [once A month]販売開始
2014.07 ・HandMade In Japan Fes 2014 (東京ビッグサイト)出展
2014.09 ・rooms29 出展 (エシカルブース)
2014.10 ・新宿ハンズ  期間限定販売
2014.11 ・ルミネ大宮店 期間限定販売
  ・第1回 雑貨大賞 by Villege Vanguard まなび部門賞 受賞
  ・装苑12月号 tool type 掲載
2014.12 ・東急ハンズ名古屋店 期間限定販売
2015.02 ・ハンズビー表参道店 期間限定販売
2015.03 ・Villege Vanguard 一部店舗販売開始
・伊予鉄高島屋店 期間限定販売
2015.05 ・tuan tuan mini shop (中目黒) OPEN
2015.07 ・Hand Made In Japan 2015 (東京ビックサイト) 出展
2015.09 ・そごう横浜店 期間限定販売
2015.10 ・TOKYO DESIGN WEEK 2015 (ハンドメイドマーケット) 出展
2015.11 ・PR01.TRADE SHOW (台北) 出展
2016.07 ・Hand Made In Japan 2016 (東京ビックサイト) 出展
2016.12 ・TASK ものづくり大賞 (NHKホール) 出展